注目キーワード
  1. 台風
  2. ディズニー
  3. 総理
古今東西の気になるニュースをいち早く読める!

【台風10号】記録的な高潮のおそれ。『風津波』ってなに?どうやって起きる?各地の満潮時刻は?

 

台風10号が依然として非常に強い勢力のまま九州に接近中です。

 

 

 

暴風、豪雨に加えて、記録的な高潮が発生する恐れがあるらしいです。

 

 

 

ちょうど満潮時刻と重なると、甚大な被害を引き起こす記録も残っています。

 

 

 

九州地方の特に海岸近くにお住まいの方は、

各自満潮時刻の把握と安全の確保、避難の準備をお急ぎください。

 

 

 

【台風10号】記録的な高潮のおそれ。

台風10号 記録的な高潮「風津波」のおそれ 各地の満潮時刻は?

高潮は、過去の台風で多くの被害を出しています。
1959年、約5000人の死者・行方不明者を出した伊勢湾台風も被害の主な原因は高潮でした。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/byline/mikajiritomoko/20200905-00196809/

 

動画はこちら⇩

 

 

とにかく最大級の警戒と、避難の準備が必要です。

 

 

ネット上の意見はこちら

https://twitter.com/midnighthistory/status/1302146150170898432
https://twitter.com/barnyan0623/status/1302191856730607621
https://twitter.com/EriLakalaka/status/1302213491231567872

 

 

風津波とか初めて聞きました。

でも、とても怖いものだというのは文字を見るかぎり容易にわかります。

 

 

『風津波』ってなに?どうやって起きる?各地の満潮時刻は?

 

高潮は台風が海面を吸い上げ、

強い風によって海水を陸に押し出すことです。

 

 

 

それが、満潮時刻と重なった時が最も危険であり、

かつては甚大な被害も記録しました。

 

 

 

今はほとんど言われていませんが、

風によって起こされる津波で『風津波』。

 

 

 

どうやら、昔は記録的な高潮の事を『風津波』と呼んでいたらしいです。

 

 

 

自身の身を守るために、

地域の高潮ハザードマップで危険性を把握し、

満潮時刻の確認、避難の準備と

出来るだけ早めの避難に努めてください。

 

 

 

【台風10号】記録的な高潮のおそれ。『風津波』ってなに?どうやって起きる?各地の満潮時刻は?まとめ

 

9月6日の夜が台風接近と満潮時刻が重なっています。

 

 

 

被害を最小限でおさめるためには、

人々の行動が重要になります。

 

 

 

「自分だけは大丈夫」だという

正常性バイアスに脳を支配されないよう、

避難準備だけでもしっかりとしておくことが大切です。