注目キーワード
  1. 台風
  2. ディズニー
  3. 総理
古今東西の気になるニュースをいち早く読める!

コロナ倒産500件。大手企業にも迫る倒産の影。次に危ない企業はどこなのか…?!

 

コロナ感染症の影響で、日本経済はかなり冷え込んでいます。

 

 

 

ここまで経済を痛めつける必要があったのか否かは、すでに過ぎた議論。

 

 

 

いまは、今週にでも500件を超えるであろう『コロナ倒産』の問題に直面しています。

 

 

 

実際、個人事業や小売店などの小規模企業も加えると、

500件の何倍もの企業が倒産の憂き目にあっているのが現状なのです…。

 

 

 

コロナ倒産500件。

 

「新型コロナウイルス関連倒産」は495件 今週中にも500件を超える見通し

2020年9月7日16時現在、新型コロナウイルスの影響を受けた倒産は、全国に495件確認されている。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/8734fb6927be8d66f52c9f2b0a16ce10e8a73877

 

動画はこちら⇩

 

 

これから年末までに1000件以上もの企業が倒産すると予測されています…

 

 

ネット上の意見はこちら

 

 

コロナ感染者よりも失業者の方が増加していくのでは…?

 

 

大手企業にも迫る倒産の影。次に危ない企業はどこなのか…?!

 

ここまで中小企業が次々と傾いていくと、

やはり気になるのは大手企業の状況。

 

 

 

内部留保金や融資額を考えると、

中小企業に比べ体力があるとはいえ、

それでもこの経済状況下では経営も苦しいものと考えられます。

 

 

 

飲食店をはじめ、観光業、小売業や製造業など、

コロナの影響を大きく受けてしまった業種は

例え大手であっても

否が応でも倒産の影はチラつくものです。

 

 

 

今年中がヤマの業界も数多い事でしょう。

 

 

 

詳しくはこちら:夏以降に自己破産急増で、コロナ破綻は年1000社超?

 

 

 

コロナ倒産500件。大手企業にも迫る倒産の影。次に危ない企業はどこなのか…?!まとめ

 

失業者もここ三か月で3万人増加しています。

 

一か月1万人増の計算になります。

 

 

 

ただ、倒産件数の増加とともに、

失業者の数は加速度的に増加するのは間違いなく、

今後の失業者数は倍々算的に増加していくことが予測されます。

 

 

 

いったい、いつになったら【日常】に戻れるのでしょうか…?